へっぽこ山ちゃんの山旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿佐山塊縦走

<<   作成日時 : 2015/10/12 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

西中国山地東端に位置する阿佐山塊を縦走する。

山塊から南に流れる大暮川沿いの道を北上。深山大橋の下を潜った先で舗装が切れた所の脇に車を止める。
そのすぐ脇は天狗石林道入口だ。

早朝から降っている雨は弱くはなったが止まない。雨具を着て川沿いの砂利道を歩く。尾関神社を通過し阿佐山橋を渡った所に登山道入口がある。

画像


画像


画像


画像


丸木を渡した橋を渡ったりして茂みを抜け砂防ダムの下流を渡渉。

画像


画像


堰堤の手前から尾根に向け踏み込みが有りテープも付けられていたが、これは間違い。地形図を見ると沢沿いに進むのでよく見ると堰堤を乗り越えた先に登山道が伸びている。

画像


しばらく沢沿いに歩く。

画像


画像


そして沢から離れ右に登っていき稜線に上がり毛無山からの縦走路と交わる。標識は無いが二十丁峠だ。

画像


画像


画像


画像


縦走路を左に進むが先ほどより歩きやすい整備された道だ。

画像


雨の滴る自然林の尾根を進み1116mピークを通過し下って鞍部を越え登っていくと大きな岩が散在している。

画像


画像


画像


画像


そして深くなった霧の先に山小屋が見えてきた。阿佐山南峰に到着。

画像


積雪量が多い為、2階にも入口が付いている。

画像


一等三角点はスキー場方面の下山道へ僅かに行った所に有った。

画像


画像


画像


長居はせず北峰へ向かう。

画像


鞍部を過ぎ登りになると右側がMTBのダウンヒルコースになっていて登山道はその左側を登っていく。

画像


右側はゲレンデになり展望台が見える。

画像


このまま登山道を進んでいくと大きなブナが目立つようになる。

画像


画像


そしてスキー場トップの北峰山頂に到着。

画像


画像


人工物ばかりで味気ないので先へ進む。スキー場から一歩自然林に入るだけでとても良い雰囲気に引き戻される。

画像


画像


画像


滑りやすいぬかるんだ急坂を下り緩やかな道となる。

画像


画像


右手樹間にスキーリフトが見えた。

画像


雨の森を楽しみながら歩いていく。

画像


画像


画像


早水越からは登りで三ッ石山へ。

画像


画像


画像


さらに進んで行くと自然林は終わり視界は開けススキの中を進むと舗装道路となる。

画像


画像


画像


天狗石林道へ出て右にドコモの電波塔へ進み、電波塔の手前から左の道に入り入っていく。

画像


画像


そしてこの道の終点手前より左手に登山道に入り自然林を進むと大きな岩が目立つようになり展望台の有る天狗石山山頂に到着。展望台から雲のかかる山々を見る。

画像


画像


画像


天狗石林道に戻り、この林道を下って車に戻る。

画像


帰路、御前滝とその向かいの大暮川の滝を見る。

画像


画像


画像





2015年10月12日 阿佐山(西中国山地 阿佐山塊/広島、島根)
天狗石林道入口9:43→尾関神社9:45→阿佐山橋9:52→二十丁峠10:42→1116mピーク→阿佐山南峰11:10〜15→阿佐山北峰11:38〜47→早水越→三ッ石山12:34〜36→林道T字路12:52→天狗石山13:03〜11→林道T字路13:22→天狗石林道入口14:02


(写真はすべてクリックで大きなサイズで見られます)


人気blogランキングよろしければクリックお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ポータルブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
臥龍山
阿佐山塊からの帰り道、温泉へ向かう途中で以前冬に深入山から見た臥龍山を思い出し、ハンドルを切る。 ...続きを見る
へっぽこ山ちゃんの山旅日記
2015/10/19 23:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿佐山塊縦走 へっぽこ山ちゃんの山旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる